2011年03月23日

使命

先日

こんな話を目にしました。

ご存知の方も多数いらっしゃると思います。

多大な被害を受けた南三陸町。

15mの津波が襲った。

助かった方々はスピーカーから流れるアナウンス警告があったからだと言う。

その声は波に呑まれる直前まで続いたそう。

声の主の彼女は23歳。

9月に挙式予定だったそうです。

生まれ育った町の人々

彼等を救うために

彼女は警告を叫び続けた。

自らが波に呑まれるまで…。


彼女の様な正義感の強い方

今回の震災で沢山亡くなったと思います。

我々は

生きています。


彼女達の分まで

精一杯生きる事を誓います。


日本の八百万の神様

世界中の神様

世界中の方々

日本を護って下さい。

悲しいことは

もう

たくさんです。

笑顔を取り戻す為

皆で力を合わそう!

大和の国の魂

世界に御見せする時です!

でも

無理ない範囲でね

無理して身体を壊したりしたら

またそれを看病する人が増えてしまうからね。

今は

大丈夫!

と信じる力が一番必要だと思います!



佐藤翔でした。
posted by 佐藤翔 at 14:17 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

spacer.gif